So-net無料ブログ作成
かえるちゃんとにほんご ブログトップ
前の10件 | -

質問の難易度UP [かえるちゃんとにほんご]

久しぶりに「日本語」ネタです。

いやあ、2年生ともなると、語彙が広がってきているなあ、というのが
率直な最近の感想なわけなのですが、
それと共に、興味の範囲も深さも広がってきている訳で、
どうやって説明すればいいんだ!!!と返答につまる質問攻撃を投げてきたりもするのですよね。


次の問いに答えなさいw


使い分け [かえるちゃんとにほんご]

1年生になってから、だんだん「ざ・小学生」になってきたかえるちゃん。
しゃべる言葉もだんだん「いっちょまえ」になってまいりました。
日本語の習得も、基本的なところはできたかなあ、と思ったりもしてますが
まだまだ発展途上だったりもします。

が、最近ちょっとびっくりしたこと。
TPOによって、どうも家族の呼称を使い分けているようなのです。

ほえー、とちょっとびっくり。


褒め言葉 [かえるちゃんとにほんご]

ちょっと前のバブル世代だと「かわいい〜」。
今の若者は「やばい」とか「受ける」かな。
(若者のみなさん、間違ってたらごめんなさいいいぃ)

と同じように、かえるちゃんにも不思議な褒め言葉があります。

その1。
「すごいねえ」
何が?とつい聞き返したくなりますが、本人的には「すごい」らしい。

用例:
今日、下校するなり興奮した感じでかえるちゃん、
「ママ、きょう、ひきざんやった!
 ひきざんって、すごいねえ
…と、こんな感じで使われますw
どこがすごいと思ったのか聞いてみたところ、
「なにひくなに、ってやって、こたえ出すんだよー」
だそうです。
そっか、すごいんだねえ。新しい知識だねえ。

その2。
「へんなのー」
これ、褒め言葉です。へんなのー(笑)

用例;
お店にて、ある品物をみつけて…
「わあ、まま、これみてみて! へんなのー
 すごいねえ、へんなのー! うふふふふ」
…と言われたら、最大級の讃辞。
つまり「ほしい」と言っているのと同義でございます。
わかりにくいっちゅうねんw

こんな具合でテンション高く、
「へん」で「すごい」ものを見つける毎日。
1年生って、楽しいねえ。

久し振りの「にほんご」ネタになりました。

ぷろぽーず [かえるちゃんとにほんご]

年長さん後半になり、怖いもの知らず、
いろんなことに対して無敵のかえるちゃんですが、
将来したいことやなりたいものについて
いろいろ思いも巡らせている様子。

今日もあれこれと話をしながら、突然、激白。

「あのね、
 かえるちゃんがほんとうにしたいことはね、
 ぷろぽーずなのっ!」



そ、それはおだやかではありませんが…


1分と1秒 [かえるちゃんとにほんご]

久し振りに〜…
ニホンゴ、ムズカシデスネエ。
…今日のネタはそこまで「日本語」にシフトしている訳じゃないのですが。

そろそろ小学校入学が頭の中になーんとなく入ってきてまして、
今までみたいな「楽しい言いまつがい」をそのまんま放置できないかな?
という感じになってきていて(私の気分だと思うのですが)
ちょこちょこと、正すべきところは正し始めている昨今。

文字への興味はあるし(シンケンジャーのおかげで漢字にもw)
心配してないのですが、
特に難しいのが、何気ないニュアンスの言葉。
ま、日々の積み重ねですね。
質問攻めにあって、対応に四苦八苦、ってことも多いので
なんだか禅問答みたいになってますけど(笑)

で、標題のネタ。
「ままー、2ふんって、どのくらい?」
と聞くので、しばし「えーっと…」と考えていると
「いち、に、ってかぞえるくらい?」

…それは、2秒です^^;

「分」と「秒」の違いも、ナニゲに説明が難しいですね。
時計を見せながら説明したのですが、腑に落ちない様子。

「2分は、60を2回数えたくらいだよ」と
ずばり説明してみたところ

「えー? そんなにながいのお?」…。

こんにゃろ(笑)
そう、長いですからちゃんと数えてください(笑)

…発言がいっぱしの「女子」になってきている、年長の夏休みです。

タグ:言葉 子ども

しょっぱいとしゅっぱい [かえるちゃんとにほんご]

我が家のかえるちゃん、5歳。
ただ今混乱のまっただ中です。

タイトルの通りなのですが
「しょっぱい」と「しゅっぱい(すっぱい)」がこんがらがっている様子。

……梅干しで覚えたのがよくなかったんだな(笑)
確かに、語感もそっくりだしな(笑)

まだまだ小さい頃、
初めて梅干しを食べて、すっぱそうな顔をしているときに
「すっぱいねえ」と共感してみたところ、
「そうか、これをしゅっぱいというのか」と思ったんだろうな。
が、残念、
インプットの箇所がどうも違ったらしいです。
確かに、梅干しはしゅっぱくってしょっぱい。
どっちの味のインパクトが強かったか、ということなんでしょうね。

梅干しを食べるたびに
「しゅっぱいー」とか「しょっぱいー」とか
言っていたので、ふんふん、どっちの味もするよねえ、と思ってたのですが、
お酢をなめて「しょっぱいねえ」と言ったので気づきましたよ。

それはすっぱいと言うのだよ、と伝えたときの
驚きというか、混乱っぷりというか、スイッチの入り具合が
ヘレン・ケラーの"WATER!"に見えたとか見えなかったとか(笑)

そんな訳で今、
いちごを食べては「しょっぱい!」と言い、
お醤油をつけすぎては「しゅっぱくなっちゃったねえ」と言って
自ら「あ、ちがった」と訂正する日々です。

本日、小ネタでした♪

といろっぺ [かえるちゃんとにほんご]

久し振りのにほんごネタ。
5歳ともなると、なかなか言いまつがいなどもなくなってまいります。
ずっと「えすかれえべれーた」だった
「エスカレーター」も、ちゃんと言えるようになってきたし。
(でもちょっと寂しいw)

滑舌はいい方なので
普通に「さしすせそ」も言えるようになってたし。
(それもちょっと寂しいw)

が。
通じているので聞き流していたら
どうやら間違っていて、他人には伝わらない?
みたいな言葉があることに最近気づきました。(遅い。)


あるんですよ。


何かが違う その2^^; [かえるちゃんとにほんご]

まつがいシリーズ、続いてしまいました^^;
前回のまつがいはこちら

***

前回書いたように、
「どれにしようかな…」の最後が
「ゆびきった!」で終わってしまうかえるちゃんでしたが、
本来「ゆびきった」がおさまるはずの歌も、
このように歌っていました…。

このように♪


何かが違う^^; [かえるちゃんとにほんご]

無敵のギャングエイジ、4歳のかえるちゃん。
日本語に触れて4年半以上になるというのに、
細かいまつがいが未だに量産されております。
にほんごって、むずかしいのね…。
(ことばって全般的にそんなもんかもしれませんが)

今日はふたつばかり。


もものうち [かえるちゃんとにほんご]

相変わらず歯を治療中のひなぐまです。
ちょっとずつ、痛みが治まるのが早くなってきました。
しかし、今ちょっとふんばりどころ。
がんばれ、くすりー。

***

そんな中でも、がんばって毎日、片道15分を自転車で漕いでますv
2学期に入ってからのかえるちゃんは
どうも自転車の後ろで自分の世界に入ることが多くなりました。

ぶつぶつぶつぶつ、何か言ってたり踊ってたり
ポーズをとってたりするみたいです。
ときどき、話しかけたのかと思って
「なにー?」と聞いてみると

「ままにはなしてたんじゃないもーん♪」

とばっさり切られたりもします^^;

先日もぶつぶつと何か言ってると思ったら…

「すももも ももも もものうちー」

でした。

ネタもとは明らかw


前の10件 | - かえるちゃんとにほんご ブログトップ
メッセージを送る
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。