So-net無料ブログ作成
検索選択

りんちゃんとおほしさま<3> [おはなし]

3回目。最終話です。
はじめから読む方はこちら

*******************************

りんちゃんと、おほしさまと、くまさんの追いかけっこが始まりました。
ぐるぐるぐるぐる。
ぐるぐるぐるぐる。
広いお空を、どんどん走ります。
りんちゃんはだんだん、目が回ってきました。
途中で誰がオニなのか、誰が誰を追いかけてるのかわからなくなって、
りんちゃんは叫びました。
「ああ、つかれた!」

その言葉を聞いて、みんなぴたっと止まりました。
はあはあ言いながらみんなで顔を見合わせて、
それからみんなで、
「あははははははっ!」と笑いました。

くまさんの毛皮の星のかけらが
しゃらららん、と音をたてました。
「おうちへかえるじかんだよ」
お星さまが教えてくれました。

りんちゃんはみんなにお礼を言って、おうちへ帰ります。
お星さまがみんな手をつないで、
大きなすべり台を作ってくれました。
「それじゃあ、みんなありがとう!
 また、遊びに来るね!」
りんちゃんはみんなに手を振ると
すべり台に座りました。

しゅううううううっ!
気持ちよく、りんちゃんはすべりだいをすべりおりていきます。
だんだんスピードが出て、とってもいい気持ち。
回りで手を振るお星さまが、すごいスピードで後ろに飛んでいきます。

わあ、また目がまわるう!
そう思ったとき、すとん!
りんちゃんはおうちについていました。

おうちでは、ママが待っていました。
「あら、りんちゃん、お帰りなさい。
 どこへ行ってたの?」
「あのね、お星さまのところに遊びに行ってたの」
「あら、よかったわね。たのしかった?」
りんちゃんはママに、どんなことをして遊んだのか、
ぜーんぶ話して聞かせました。
ママは、にっこり笑っていいました。
「また、お空に遊びに行けるといいわね…あら?」

ママが、りんちゃんのつのについている何かをとってくれました。
それは、小さな小さな星のかけらでした。
ママは、それをきれいなガラスのコップに入れて、
りんちゃんのベッドの枕元においてくれました。
「こうすれば、いつでもお星さまに会えるわよ。
 さあ、もうねんねしましょう」
「うん、おやすみなさーい」
りんちゃんはそう言うと、ベッドに入って
ぐっすり眠りました。

きっと、また、お星さまと遊んでる夢、見てるんでしょうね。
枕元の星のかけらが、楽しそうにきらきらと光っていました。

おしまい。

*******************************

書いてみたら…かなりいいかげんなところがいっぱい。
脈絡もあんまりなかった…反省^^;
最後まで読んでくださって、ありがとうございました♪

かえるちゃんは毎晩、このお話を楽しんでます。
くまさんが出てきたのは、かえるちゃんの思いつきです^^

で、なぜか突然今晩、「ペンギンのおはなし、してよぉ」と
言い出しました。
また、作らなくちゃいけないみたいです…(苦笑)

お子さまってば、貪欲…(笑)
ママの頭はフル回転が続くみたいです。


nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 9

papa007_

りんちゃんをかえるちゃんにオーバーラップさせて読んでました。
かなりシーンごとに絵が想起させられるお話で素敵したw
そして、子どもの欲求は果てしない・・・To Be Continued?(笑)
by papa007_ (2006-07-25 02:59) 

loiter_about_on_the_way

無事書けるようになりました、コメント♪(笑)
by loiter_about_on_the_way (2006-07-25 21:12) 

neige

お星様のつみき欲しいなぁ・・・
きらきらと音がするところがステキ☆
by neige (2006-07-25 23:17) 

moku_moku

一気に3話読ませていただきました。
素敵なお話ですね!すごいです。
ひなぐまさんの表現の上手さにも感心しちゃいましたw
ちょうど矢野さんの「はじめてのやのあきこ」を聴きながら
読んでましたけど、ちょうど「架空の星座」が流れてたのは
偶然ですかねー?
by moku_moku (2006-07-25 23:22) 

斉藤ようこ_nina

☆papaさん
やっぱり語っている相手が反映されちゃいますね。
そして、書いてから思ったのですが、どうも私、映像を思い浮かべてそれを言葉にしているみたいなんですよね…。
ぺんぎんさんのお話は、かえるちゃんからお題が出されました。南極から旅に出なくちゃいけないようです…^^;

☆にっしぃさん
よかったです〜! ほっとしました^^

☆neigeさん
自分がほしいなあ、と思うものを登場させてるかも〜。

☆ばあんばんさん
ありがとうございます♪
そばで聞いてる人がいると、どうやって興味を引こうかと思っちゃいますねえ…。
「架空の星座」は…きっと、以心伝心ってやつですね^^V
by 斉藤ようこ_nina (2006-07-25 23:58) 

nal

女のコと男のコの違いなのかな?
やっぱウチはそーゆー興味のカケラもまだないです(泣)
トーマスとかアンパンマンのキャラクターを憶えるのは凄まじいのですが、、、(笑)
ウチの彼女もこんなお話作れるのかなぁ?って思っちゃいました。

あと、途中までキリンさんが追いかけっこをして首がぐるぐるに伸びちゃう話に
なるのを期待してたのはナイショです(笑)
by nal (2006-07-27 09:15) 

斉藤ようこ_nina

☆nalさん
女のコは、「おはなしする」生き物みたいですからね〜^^
(記憶のしくみが「ストーリー記憶」らしいです)
男の子はスペック重視ですよねえ、やっぱり。

キリンさんのおいかけっこ、
「ちびくろサンボ」みたいに溶けて一体化する…ていう展開もあったのですが、
次につながらなくてやめました(笑)
by 斉藤ようこ_nina (2006-07-28 00:14) 

jasper

ぜひ絵をつけて絵本に・・・一冊だけの絵本っていいわよねw
高校の時、家庭科・保育の授業で絵本を作ったことを思い出しました。
by jasper (2006-07-29 10:04) 

斉藤ようこ_nina

☆jasperさん
1冊だけの絵本、できそうですよね〜…ネックは「絵」なんですが…^^;
私も高校の時、絵本作りました。
思えば、そのときからほそぼそとお話づくりをやっているかもしれません。
by 斉藤ようこ_nina (2006-07-29 15:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。